トーク

湯河原の温泉は最高!作業が捗るしリラックスできる!

温泉

湯河原は都内から1時間半、夏目漱石などの文豪が執筆しに来ていた温泉地です。

そんな湯河原で集中して作業をしたいとの誘いがあり、
The Ryokan Tokyo Yugawara(ザ リョカン トウキョウ ユガワラ) の大人の原稿執筆パック2泊3日に行ってきました。

今回、まあ読んでいなかった本を読んで少し作業して、温泉に入れたらいいかなと思っていました。
そんなに意気込んで作業しようと思わずに行ったのですが、結果的に思っていた以上に捗りました。

【The Ryokan Tokyo Yugawara 】はモダンでカジュアルな宿

湯河原駅にから宿まで送迎があり、駅から車で10分ほどです。

チェックインカウンターと同じ階にGensen Cafe(げんせんかふぇ)という宿泊している人が食事を食べたり、作業したりできるカフェがあります。カフェの窓から山が見える席もあり、人をだめにするソファーがたくさん。

本もちらほら置いてあります。村上春樹さんのIQ84や矢沢あいさんの天使なんかじゃないが置いてありました。

チェックインした後に、好きな色の浴衣を選べます。
そしてお部屋へ。

押入れの扉に富士山の絵が書いてあり、馴染みのある押入れの扉とはまた違う雰囲気でした。

富士山
2人が作業できるくらいの広さのちゃぶ台があり、カフェにもあった人をだめにするクッションがお部屋にもありました。

基本的に作業する場所はこの自分の部屋でするか、ゲンセンカフェでするかになります。
行ったのが夏だったからか、カフェで浴衣でくつろいでいる人が多かったです。
また1人で来ている方が多くもくもくと机に向かっていました。

ゲンセンカフェではコーヒーと紅茶が無料です。
カフェは夜11時で終了なのですが、頼めばポットにコーヒーを入れてくれて夜通し飲むことが出来ました。

ご飯は3食つきで、2泊したのですが、朝食のたくさん小鉢がついている定食や、お魚、唐揚げ、カレーなど被ることなく楽しめました。

朝食
温泉は、室内の温泉1つで大浴場といった感じです。
セルフサービスで洗濯機、乾燥機、ドライヤー、綿棒、ティッシュが置いてありました。

坂道が多くて外に行く気がなくなるから篭るのに最適

近くのコンビニエンスストアまで徒歩15分くらいです。

が!これがただの徒歩15分ではないのでした。まずコンビニに行くまで急な坂を下ります。
そして、上りこれがきついです。山登りをしている気分になりました。
コンビニに行って帰ってきただけで、iPhoneの歩数を測ったりするアプリで、登った階数28階と表示されるレベルです。
なので、気楽に近くをふらつこうとは思わなくなります。

コンビニに行かなくても、カフェで夜食、お酒や飲み物を頼めるので行く必要はとくにありません。

それでも散歩したい人へ

宿から湯河原駅まで、徒歩40分くらいです。
駅までの道は一本道で見晴らしも良く、古くからの旅館や川を眺めたり、きび餅屋さんもあり、温泉街に来ている雰囲気を味わえます。
湯河原駅に行って、駅の周りのお土産屋さんを見てみようと思って歩いたのですが、午後5時半の時点で閉店していました。

バスも1時間に4〜5本の間隔で出ています。
バス停から宿まで10分もかからないのですが、バス停から宿まで坂が多いので覚悟が必要です。

あきらめてやることに向き合い始める

気楽に外をうろうろと散歩できないということが判明し、読書をし始めました。
カフェの窓からは周囲の山が見えて、自然に囲まれています。
自分がしようと思っていた読書をする時間を旅先でとるーなんて贅沢な時間なのだろうと思いました。
空気が良く、またわざわざ篭りにここまできたということで、この時間を無駄にしてはいけないという気持ちになり、思った以上に読書や作業が進みました。

効率よく執筆をすすめるコツ

今回カフェをそんなに活用できなかったので、自分の泊まっている部屋とゲンセンカフェの両方を上手く使って飽きないように執筆をしたらよかったなと思います。

【おまけ】大人の原稿執筆パック終了。でももう少し書いて帰りたい時はウエストへ

チェックアウト後、帰りは湯河原駅まで送迎してくれます。

もうちょっと書いて帰りたいなという場合は、湯河原駅から2分の喫茶店ウエストがオススメです。
中は広く昔ながらの上品な喫茶店で、なみなみと注がれた紅茶が500円ほどです。
ゆったりとした雰囲気で過ごすことが出来ます。

メルヘン

日帰りで温泉に入ることもできる上野屋

湯河原は宿泊しなくても、日帰りで温泉に入れる場所がたくさんあります。
そのなかで今回行ってきたのが、上野屋さんです。

湯河原駅から、②番線バス(不動滝・奥湯河原行バス) 12分ほどですぐ着きます。
温泉場中央バス停で下車しすぐの旅館です。

足湯

上野屋さん温泉は敷地内から湧いている源泉のお風呂で、傷の湯と言われ美肌効果もあるそうです。
日帰り温泉の予約は10日前からで、原則として平日のみで、土曜、休前日は行なっていないそうです。

旅館の1室利用の3時間3880円で、チェックインは12時30分~15時00分の間です。
貸切風呂も無料で使用でき、バスタオル、フェイスタオル、浴衣の貸し出しも含まれています。

貸切の露天風呂も2つあり、最上階にある足湯が最高です。
山を見ながら、温かくてなめらかなお湯に足をつけていると、心から穏やかな気持ちになります。

今回は日帰りできましたが、今度くるときは宿泊したいなと思いました。