エンタメ

年齢がただの数字にみえるジェニファー・ロペスが毎日してること

ジェニファー・ロペス

2019年で50歳のジェニファー・ロペスがぜんぜん年相応に見えません。

2011年の42歳では「On The Floor」

2014年の45歳のときには、ラッパーでモデルのイギー・アゼリア(当時24歳)をフィーチャリングした「Booty」という曲でお尻対決と言われるようなMVを発表しています。

ジェニファー・ロペスの食生活

私は自分をケアしてきた。その成果が今になって現れているの。

ジェニファー・ロペスが禁止にしているもの

   ・アルコール
   ・カフェイン
   ・タバコ

アルコールは乾杯のときに最初の一口だけ軽くなめるのみ。
ジャンクフードや加工食品には手を出さない。
ビーガン食で体の中をデトックスする時期をつくる。

カフェイン抜き アルコール抜き 睡眠たっぷり。

長年ストイックな生活をしてきたけれど、どれも他人から体型を批判されるのを恐れてではないわ。

ジェニファー・ロペスの運動

すべては自分の体を心地よく受け入れるため。

ワークアウトを欠かさないのは後回しにするのが気持ち悪いから。

ジェニファー・ロペス は1日のToDoリストのトップに運動をおき、その日を気分よく過ごせるようにしています。

婚約者の元ニューヨークヤンキースのアレックス・ロドリゲスと一緒に筋トレをしにジムに行くことも。

落ち込んだ日や調子の悪い日もとりあえず運動。
自宅ジム・2人のタイプの違うパーソナルトレーナーのトレーニング以外にツアー先でDVDを見ながらエクササイズをします。

つらそうに見える食事、エクササイズも自分を愛しケアする手段。

調子がいまいちなときでも、一汗かいてシャワーを浴び、メイクして髪をアップにするとかえって気分が上向きになるの。

ジェニファー・ロペスのスキンケア

常にSPF対策。日に焼けないようにする。
多量のナイトクリーム(ドゥ・ラ・メールなどを使用)
すぐにメイクを落とす。
働かないときはメイクをしない。
毎晩8時間眠る。

ジェニファー・ロペスの瞑想

ジェニファー・ロペスは朝晩に20分の瞑想をしています。
心身に酸素を行き渡らせるようにゆっくり呼吸していると、頭はもちろん人生までもが整理されると。

ジェニファー・ロペスのアファメーション

心をポジティブな状態にするために、お気に入りの前向きな言葉の力を借りています。
ミランダ・カーなどをファンに持つルイーズ・ヘイの「You can Heal Your Life」からお気に入りを選んで唱えるのが日課。

View this post on Instagram

3.9.19✨♥️

A post shared by Jennifer Lopez (@jlo) on

実際に使っているアファメーション

   
   ・私の人生はとても上手くいっています。
   ・私の収入は増えつづける。
   ・私は若々しく時代を超越しています。

毎日1日に数回自分に言い聞かせています。

言い訳のように聞こえますがそうではありません。
年齢はすべてあなたの頭の中にあります。ジェーンフォンダを見てください。とジェニファー・ロペスは語ります。