エンタメ

KatyPerry(ケイティ・ペリー)アメリカの歌手

katy perry

歌手を夢見る女の子

ケイティペリーは1984年10月25日に、両親が牧師の家庭にケイティは次女として生まれます。
ケイティはいつも頭の中に曲が流れていて、シャワーの時や歩いているときに歌っているような子供でした。
13歳の時にギターを買ってもらい、作曲を始め15歳でゴスペルのCDを出します。

両親の方針で家ではキリスト教の音楽しか聞けない環境で育ちました。
映画で見てもいいのは「天使にラブソングを2」で、なぜか「天使にラブソングを」の1見るのは禁止だったそうです。
ある日友達の家で、アラニスモリセットを聞き、考えや感情をそのまま歌詞にしていて、人に気兼ねなんかしないで正直に歌っていたことに衝撃を受け、それからはゴスペルをやめて、等身大の自分として歌い始めました。

katyは両親の元を離れ、LAに移りました。そこからはレコード会社に所属はするのですが、注目はされず、また違うレコード会社に移るも、アヴィリルラヴィーンのようになれとプロデューサーに言われ、ケイティ自身の個性は認められなかったのです。
レーベルから酷評されるも、ケイティはあきらめずライブと曲作りは続け、5年で100曲以上の曲を作り作詞をしていました。

自分をそのまま認めてくれるレーベルへの移動

いくつかのレコード会社ではその個性が生かせなかったケイティでしたが、その後キャピタルレコードへ移動すると、デビュー曲「I kissed a girl」がすぐビルボードで、7週連続で1位を獲得します。
マドンナがお気に入りの新人と紹介され、このピンナップガールのような可愛い女の子が、いい子がちょっと悪いことしちゃったと歌い、ファンは夢中。「ホットアンドコールド」を含むアルバム「ワンオブザボーイズ」を出しヒットします。

あるときケイティはパーティーに行き友達が、Jay-Zとアリシアキーズが出した、NYのアンセムと言われている「Empire State Of Mind」 でノリノリで踊りまくっていたのを目撃。
「ここはNYじゃなくてロサンゼルスじゃない。カルフォルニアはどうなっちゃったの?」とNYにはアンセムがあるけど、カルフォルニアにはまだないと、PVの能天気さと可愛さがクセになる曲「カルフォルニアガールズ」が生まれ、2010年に全米で最も売れたシングル曲となりました。

止まらない快進撃

そしてケイティの人気を不動のものにしたアルバム「Teenage Dream」を2010年に発売し、シングルカットする曲すべて大ヒット。

金曜日の夜にクロスワードを解いていたら、となりの家からパーティーのるさいので注意しに行ったはずが、次の日に目が覚めると、部屋がパーティーの残骸。やばい昨日酔いすぎてなにしたか覚えてない、隣に知らない人が寝ている!状態になっててコメティ感が楽しいPVの「T.G.I.F」やkaty自身一番のお気に入りの曲「Firework」など、ポップで楽しくなれる曲を次々に発表します。

このアルバムで同一アルバムから5曲がビルボードで連続1位をとるという記録を出しました。
これはビートルズやマドンナを超え、マイケルジャクソンと並ぶ記録となり、ポップス史上女性で最高の記録を打ち立てたのです。

元夫ラッセル・ブランドとの結婚と離婚

以前ケイティは、ラッセル・ブランドというイギリスのコメディアンと結婚していました。
2009年にラッセル・ブランドと「伝説のロックスター再生計画」の撮影で出会い、その後MTVのミュージックアワードの司会をしていたラッセルと再会し交際に発展。
ラッセルが好きなインドで、象に乗って入場する豪華な結婚式をあげ2010年10月に結婚しました。
ケイティはツアーを開催し仕事が多忙でしたが、2週間ライブをして3、4日休んで、ヨーロッパからラッセルのいるNYやLAに飛び、再びライブに戻るという生活を続けていました。
ラッセルがケイティに会いにくることはほとんどなく、1万1200キロ以上の距離を往復し、結婚生活を続けるためにたくさん妥協をして犠牲を払っていました。
しかし2011年12月31日にラッセルの方から、ケイティに「もうやっていけない。」とメールを送り突然の離婚を申請。それ以降ラッセルからの連絡はなかったと後にヴォーグ誌のインタビューで語っています。
14ヶ月の結婚生活でした。

ケイティペリーのパートオブミーという自身のドキュメンタリー映画で、ケイティがステージに上がる直前まで泣いていてボロボロの状態で、キャンセルにすることも検討された中、ステージに上がるとにっこりと笑顔になる瞬間が映されていて、悩んでいる姿とプロフェッショナルな姿がありのままにさらけ出しています。

破局したあとでまだラッセルが恋しいかとインタビューされてこう答えています。

私はロマンチストだからおとぎ話を信じてる。ある意味それが強みだと思っているの。大きな夢でも強く信じたらそれは現実になる。そういうスタイルでやってきた。キャリアも私生活もそう。全部同じことよ。失敗しないように全力を尽くしてきたけど、うまくいかなかった。最高の旅にも悪いことは起きる。たくさん学んだわ。

くさいこと言うけど、第2のチャンスが待ってる気がする。そうじゃなくても素晴らしい人生よ。忘れそうになるけど。

この後に「パートオブミー」をリリース
元々はラッセルではない元彼に対して書いた曲ですが、状況にちょうど合っているので、歌詞を少し書きなおしてリリースされました。MVでは米海軍兵士と共にブートキャンプに加わり撮影されていて力強い仕上がりになっています。
そしてラッセルに宛てた「ワイドアウェイク」このMVには白馬の王子さまが登場しますが、偽の王子なのでケイティがパンチをするという場面があり、映画パートオブミーのために書き下ろされました。

離婚後は、ジョンメイヤーとくっついたり離れたりしていました。
彼はブラッドピットの元奥さんのジェニファーアニストン、ジェシカシンプソン、テイラースウィフト他多数の有名人と付き合って、テイラースウィフトからは破局後に「Dear John」という復讐ソングを送られているので、恋愛ゴッシプのイメージが強いですが、本業はギタリストで高い評価を得ています。
交際中にはジョンメイヤーのMVに仲良く出演したりしていましたが、最終的に破局しました。
他にもDJのディプロやモデルなどと噂がありましたが、どれも短期間で終了や真剣な交際まで発展しなかった様子です。

テイラースウィフトとの対決が終わる

2009年ごろはツーショットで写真に収まるくらいの仲の良い関係でしたが、2013年ごろから関係が悪化していきます。
ケイティのツアーでダンサーをしていた何人かが、のケイティのツアーがない期間に、テイラースウィフトのダンサーに誘われたので、ケイティのツアーが始まったら戻ってるという話だったそうです。しかしこれがこじれて、バックダンサーを取られツアーを妨害されそうになったと仲が悪くなりました。
2017年にケイティが4年ぶりに発売したアルバム「ウィットネス」の発売日に、テイラースウィフトがスポティファイで自身のアルバムを配信し始めたりとなかなかの険悪ぷりでした。
それが2019年にテイラースウィフトが出した曲「ユー・ニード・トゥ・カーム・ダウン」のMVにケイティが出演し仲直りしたようです。ケイティがハンバーガーの着ぐるみをきて、テイラーがポテトに着ぐるみで抱き合うという演出になっています。このMVはクアアイの出演者など、色々な人がカメオ出演しています。

オーランド・ブルームと婚約

2016年からオーランド・ブルームと付き合い始めます。しかし上手くいかなくなり1年ほどたった2017年3月に正式に破局を発表しますが、それから5ヶ月後にエドシーランのライブに2人で登場し、その後もデートを重ねます。2人は旅行が好きなので、モルディブやプラハなどを旅行をしたりと2人で過ごす時間は着実に増えていきました。
2019年2月14日にイタリアンレストランでご飯を食べる約束をしていたので、レストランへ行くとオーランドが、いつもは履いてるテニスシューズを履いてなくて、ヒゲも綺麗に剃っていたことから、なにかあると感じつつご飯を食べた後に、ヘリコプターに案内されプロポーズされます。
ケイティは「Oh my god! もう最高だった。」とプロポーズを振り返っています。
贈られた指輪は花の形で真ん中にピンクのダイヤモンドで周りが白のダイヤで囲まれているデザインです。
元奥さんのミランダ・カーへ贈った指輪とそっくりの形だと騒がれましたが、ブルームという名前なので、花の形の指輪にこだわりがあるのでしょう。
2019年の秋頃に結婚式を行う予定で、準備を進めているそうです。

関連記事

  1. ルポール  シーズン6 ルポールのドラァグレースのおすすめシーズンはシーズン6
  2. Tones and I Tones and I(トーンズ・アンド・アイ)のDance M…
  3. ルポール  ツアー ルポールのドラァグレースツアーWerq The Worldが20…
  4. ルポール   ルポールのドラァグレースはエミー賞受賞!見始めたらやめられない面…
  5. ジェニファー・ロペス 年齢がただの数字にみえるジェニファー・ロペスが毎日してること
  6. ヘンリー・カヴィル 「スーパーマン」ヘンリー・カヴィル、実はお金が大好き!Netfl…
  7. セレーナゴメス セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーの今までを曲で振り返る
  8. クリス・プラット ダイエットのやる気がでるクリス・プラットのビフォーアフター

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. はと
  2. ヘンリー・カヴィル
  3. ジェニファー・ロペス
  4. ネタバレ
  5. 消費税
  6. 温泉
PAGE TOP